クラミジア治療にはジスロマックが効果的です。1回の服用で治療ができる薬です。

クラミジアが完治するまでの治療期間

更新日:2019/10/24 時計と聴診器

クラミジアの治療には「ジスロマック」という飲み薬が処方されます。ジスロマックを1度に1,000㎎服用するだけで服薬は完了します。

しかしクラミジアは感染した後に48時間ほどかけて細胞分裂を行い菌を細胞外に放出するのですが、その放出された時にしか薬が効かないので、完治するには3~4週間ほどかかります。

薬を飲んだ日から3~4週間後に再検査を受けて問題なければ完治となります。

病院に行くのに抵抗のある方は通販で薬を購入する事をオススメします。
通販でも病院で処方される薬と同じ製薬会社の薬を安く購入する事ができます。

病院処方 約5,000~6,000円(薬代のみ)
通販 病院処方薬ジスロマック 3,150円 (250㎎1箱6錠入り)

※クラミジアを治療する場合は1度に1000㎎服用すれば良いので1箱の購入で間に合います。

病院で薬を処方してもらうと薬代だけで約5,000~6,000円かかりますが、通販なら送料を1,000円プラスしたとしても病院処方より安く済みます

病院処方薬ジスロマック

病院処方薬ジスロマック

ジスロマックを飲んでちゃんと完治したかどうか確認するために、検査キットも薬と一緒に購入して、薬を飲んでから3~4週間後にセルフチェックを行って見てください。

ジスロマック検査キット

クラミジアの治療はジスロマックが効果的

ジスリンパッケージ

クラミジアの治療にはジスロマックが処方されます。
クラミジアは人間の細胞の中で細胞分裂する病原菌です。そのため細胞分裂が終って別の寄生している細胞へ感染するために細胞の外に出てきた時にしか薬が効きません。

ジスロマックなら

・細胞の中に移行しやすい
・長期間体の中で作用し続ける
・クラミジアのDNAにも作用する事ができる

上記の条件を満たしているため、クラミジアに対してとても有効な薬です。
そのジスロマックのジェネリック「ジスリン」が通販なら購入可能です。

ジスロマックと同じ有効成分と効果があるにも関わらず、とても安く購入する事ができます。

ジスロマック 約3,150円(250㎎1箱6錠入り)
ジスリン 約1,410円(250㎎1箱6錠入り)

通販ならスマホやPCからいつでも注文する事ができるので、誰にも会わずに薬を購入する事ができます。

1度に1000㎎を服用すれば完了なので、1箱購入すれば治療する事ができます。

クラミジア治療のジスロマックの飲み方

水とコップ

ジスロマックでクミジアを治療する場合は、1度に1000㎎を1回服用するだけで完了します。

ジスロマックは1度飲むだけで薬の効果が1~2週間あるため、飲み忘れなどを心配する必要もありません。

国内で処方されているジスロマックは250㎎、500㎎、600㎎の3種類があるようです。それぞれを1000㎎になるように錠数で調整して服用します。

例:250㎎×4錠=1000㎎

通販でも国内処方薬と同じ海外版パッケージのジスロマックが購入できます。通販では250㎎のみの取り扱いなので、1度に4錠服用すれば服用が完了します。

ジェネリックのジスリンなら250㎎、500㎎、1000㎎の3種類の中から選べるしジスロマックの約半分の価格で購入できるので安くすませたい、錠剤が苦手なので1錠飲むだけですませたい方はジスリンがオススメです。

通販

ジスロマック
(国内処方薬)
250㎎ 約3,150円(6錠)
ジスリン
(ジェネリック)
250㎎ 約1,410円(5錠)
500㎎ 約4,400円(7錠)
1000㎎ 約6,490円(10錠)

ジスロマックは副作用として胃腸に影響が出て下痢などの症状が現れやすい薬です。そのため胃腸の弱い方には500㎎を1日1回服用し、それを3日間続けるという方法が推奨されています。

ジスロマックは食前?食後?

ジスロマックは食事の影響を受けないとされているので、食前、食後のどちらでも大丈夫です。
ただし、液状のシロップタイプのものは食事の影響をとてもうけるので、空腹時の服用が望ましいようです。食事をしてから2時間たった頃に飲み、飲んだ後も2時間くらいは食事を控えましょう。

またジスロマックをアルコールと一緒に飲んでしまうのもオススメできません。薬の有効成分もアルコール成分も体の中で同じ酵素で分解されるので、薬の効きが悪くなったり逆に効きすぎたりしてしまう事があります。

男性と女性のクラミジアの症状の違いについて

クラミジアに感染した場合、その症状の現れ方には男性と女性において違いがあります。

男性が感染した場合の症状

・排尿時に痛みがある
・尿道に痒みや不快感
・発熱
・前立腺の炎症
・副睾丸の炎症
・尿道から膿が出る

初期の段階では放尿の際に少し痛みを感じる排尿痛が主な症状として現れます。その段階で気が付かず放置した場合は痒みや痛みを感じる場合があります。

それでも放置した場合は更に症状が進み、尿道から膿が出始めるため、この段階ではほとんどの方がおかしいと気が付きます。ここまでくるとほぼ100%感染しています。

女性が感染した場合の症状

・膣に炎症がおきる
・性器の匂いがきつくなる
・濃いおりものになる回数が増える
・おりものの量が若干増える
・性行為時に痛みがある
・下腹部に痛みがある
・不正出血がみられる

女性の場合は男性にくらべて自覚症状がほとんどないため、感染しても気が付かず放置しがちです。そのまま放置し続けると不妊の原因になったりするので、感染した場合は治療が必要です。

初期症状としておりものの量が増えるので、いつもと違うなと感じた場合は念のため検査をしてみる事をオススメします。

検査に関しては次の項目で詳しく説明します。

クラミジアの症状に関してもっと詳しく知りたい方はこちら

クラミジアの可能性?!疑わしい場合はまず検査

頭を抱える男性

なんだか最近オシッコするたびに痛みを感じる・・・。

おりものがいつもと違うみたい・・・。

いつもと違う体の変化を感じたら、すぐに検査をしてみましょう。

男性の場合・・・泌尿器科
女性の場合・・・婦人科

男性と女性では診察してもらう科が違います。上記を参考にして下さい。

検査方法

男性と女性では感染する場所が異なるため、検査方法も多少違いがあります。

男性の場合・・・採尿
女性の場合・・・膣内の分泌物

男性の場合は採尿のみで感染しているかどうか判断できるようです。

女性の場合もパートナーが感染してるのがはっきりしている場合は、採尿の検査のみですむ事があるようです。

採尿の検査を受ける場合は、2時間以上トイレを我慢する必要があるようです。

また女性の場合は分泌物を摂取するのでシャワーやお風呂などには入らず病院に行く必要があるようです。

病院で検査をうけるのは恥ずかしい、誰にも知られずに検査したいという方には通販という方法もあります。

通販なら誰にも会わずに検査を受ける事が可能です。

検査キットの種類や詳しい使い方などを知りたい方はこちらのページを確認して下さい。

クラミジアは早期発見と予防が大切

手をつなぐカップル

クラミジアは早期に発見して治療すればそんなに深刻な状態になる事はありません。ここではクラミジアの早期発見と予防について詳しく説明します。

クラミジアを早期に発見するには

男性の場合は排尿の際に痛みを感じたりと、いつもと違う症状が現れるので早期に発見しやすいと言えます。

しかし女性の場合はおりものの量が増えたり、お腹が痛くなったり、不正出血をしたり、性交時に痛みを感じたりと、クラミジアに感染していなくても現れる症状が出るので「クラミジアに感染した」と自覚しにくい状況に陥ります。

早期に発見するためには、日ごろから自分の体調やおりものなどの状態を把握し、何かいつもと違う大きな変化があった場合は病院に行くか通販などで購入した検査キットなどでチェックする習慣を付けましょう。

クラミジアを予防するには

クラミジアは性行為でしか感染しません。性行為の際、互いの性器の接触の際に粘膜同士が接触する事で感染します。感染している人と性行為を行った場合、約50%の確率で感染という高い数値が報告されています。

コンドームは避妊だけではなく性病の予防にも役立ってくれるので、性行為を行う際は必ずコンドームを使うようにしましょう。オーラルセックスをする事によって喉にクラミジアが感染する事も多いので、オーラルセックスをする際もコンドームを使用した方が良いですね。

また特定の決まったパートナーとだけ性行為を行うという事も大切です。

不特定多数の異性と関係を持ったり、風俗へ行くのが好きだという方は、定期的にセルフチェックを行う必要があります。

クラミジアは放置しておくと怖い

頭を抱えて悩む男性

クラミジアは日本で最も感染者数の多い性感染症です。

感染しても初期の段階では特に激しい症状は出ないため、特に女性は放置してしまいがちです。

しかし放置してしまうと、感染の症状は次の段階へ進んでしまいます。

男性の場合
尿道→尿道の奥→前立腺→睾丸

女性の場合
子宮の入り口→子宮の中→卵管部→腹腔内

男性、女性共に放置してしまうと感染部分がどんどん体の奥の方へ進んで行って炎症を起こしてしまいます。
すすめばすすむほど薬が効きにくい場所になり、最終的には男性不妊症、女性不妊症の原因となってしまいます。また男性よりも女性の方が大きなダメージを受けやすいとされています。

クラミジアに感染したままだとその他の性病(HIVなど)に感染する可能性が3~5倍に跳ね上がるという報告もされているので、疑わしい場合はかならず検査やセルフチェックを行う事をオススメします。

クラミジアに有効な薬の種類

クラミジアの治療にはマクロライド系である「ジスロマック」やニューキノロン系である「クラビット」、テトラサイクリン系である「ミノマイシン」などが主に使われます。

その他抗生物質にはペニシリン系やセフェム系、アミノグリコシト系などがありますがこれらはクラミジア菌に関してあまり効かないので治療薬としては使いません。

ジスロマックは細菌が増える際に細胞を分裂させるための原料を作る機関の働きを抑えます。1回1000㎎を服用すれば完了です。

クラビットは細菌が増える手伝いをする酵素の働きを抑えます。1回500㎎を7~14日間服用し続ければ完了です。

どちらも作用と飲み方が違うので、自分に合った方を選択する事が大切です。

ジスロマックもクラビットも、ペニシリン系やセフェム系にアレルギーを持つ方でも飲む事ができる薬です。

特に妊娠している方でクラミジアに感染している事が判明した方は、ジスロマックを服用する事になります。ジスロマックは妊婦でも飲む事ができますが、クラビットは飲む事はできません。妊娠している方は迷わずジスロマックを選びましょう。

ジスロマックを常備して二次感染を防ごう

カフェで通販をする女性

昔はクラミジアのような性病に感染した人は、風俗などに通い詰めている人などといったイメージが一般的でしたが、ここ数年で20代などの若い世代にクラミジアの感染が広がっているという現実があります。

昔にくらべて医療が発達した現代ですが、性行為自体が低年齢化していたり、複数の相手と性交渉を持ったり、感染してしまっても自覚症状がない、そもそも性病の知識がないので気が付かないなど、多くの人に感染が広がってしまっています。

自分は特定の人としかエッチしていないから大丈夫と思っていても、パートナーが別の人と関係を持っていたり、風俗に行っていてそこから自分にも性病が回ってくる可能性があります。

クラミジアのような性病は誰にでもかかる可能性があります。だからと言って病院に行く事に抵抗がある方も多いと思います。

通販ではクラミジアに感染しているかどうか自分でチェックできる検査キットや、感染している事がわかった場合に治療する事ができる治療薬のジスロマックも購入する事ができます。

クラミジアは一度感染して治療しても何度でもかかる性病です。気になる方は常にセルフチェクを行い、もし感染している事が分かった場合はパートナーと一緒に治療をしましょう。

通販で検査キットや薬を事前に購入しておけば、怪しいと思った時にはすぐに確認して治療を始める事ができるのでオススメです。

もくじへ飛ぶ

トップに戻る