ジスロマックのジェネリック「ジスリン」はジスロマックと効果や有効成分、安全性も同じです。

ジスロマックのジェネリックを知っていますか?

ジェネリック医薬品

ジスロマックと同じ効果と有効成分なのに安く済むジェネリックの「ジスリン」を知っているでしょうか。

ここではジェネリック薬とジスリンについて説明します。

成分も効果も同じなのに安く購入出来るジェネリック

「ジェネリック」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
テレビCMでも流れていた事があるので知っている方も多いかも知れませんが、知らない方のために今一度詳しく説明したいと思います。

ジェネリックとは

先に開発されている薬の有効成分の種類と量、用法・用量、効果・効能が同じながら、先に開発されている薬をベースに作られたために開発費が安く済む薬です。先に開発された薬を先発薬、後から開発された薬をジェネリックと言います。

ジェネリックは先発薬の欠点を更に改良されて作られているので、薬の形、色、味、添加物などが変更されている場合があります。開発費も安く済んでいるため、ジェネリックを選ぶと先発薬に比べてかなり安く薬を購入する事ができます。

ジェネリックをもらうには

病院から処方されている薬をこちらから意思表示する事で、ジェネリックに変更する事ができます。医師に直接相談するか、薬を処方してもらう際に薬局で「ジェネリックでお願いします」と伝える事で変更してもらう事が可能です。

ただし、病院からもらった処方箋の「変更不可」の欄に、「✓」または「×」がついている場合はジェネリックへの変更ができない薬のようです。

通販なら処方箋などは必要ないので、自分の意志で自由に先発薬やジェネリックを選ぶ事ができます

診察料や処方箋料もかからず、薬代と送料のみで購入できるので、出費を抑えたい方にオススメです。

信頼のおける安全性の高い通販サイトを選べば、正規品を取り扱っているので安心して購入できます。

ジスロマックとジスリン

ジスロマックとジスリンは
効果、品質、成分、安全性も同等です。違いは金額だけ!?

ひとことで言うとジスリンとジスロマックは同じです。違いは見た目と金額だけです。有効成分はジスロマックと全く同じです。ジェネリック医薬品は先発薬と成分、品質や効果、安全性が同じでないと国は認可せず、医薬品として世に出る事すらできません。

そもそものお話ですが、先発薬が臨床試験を行えるまでの過程でも試験を何度も繰り返しています。国の定めた基準を満たしてはじめて、臨床試験という名目に至ります。数ある臨床試験をクリアした先発薬のデータを基に、新たにつくられるジェネリック医薬品に使われる添加物一つに限っても国の定めた基準を満たしたものしか使えません

臨床試験の目的の中には有害な作用副作用などの検出目的もあります。添加物などに関しては溶出試験を行い、溶出の仕方が先発薬と同じであればジェネリックとして認められます。ただ、安易に見た目などを変えているわけではありません。

製薬メーカーによっても先発薬のジェネリックを精製しますが、どのメーカーが精製して販売してもジェネリック同士ではいうほど金額に差はないでしょう。販売をする会社と工場を持っている会社に別れます。自社工場を持っている製薬会社は世界でもほんの一部です。

全て国が認可してはじめて世にでくる訳なので薬の本質は変わっていないという事です。成分、安全性、効果、品質も先発薬(新薬)と後発薬(ジェネリック)は変わりありません


ジスリンは
ジェネリック医薬品の筆頭格メーカーによって造られました。

インド共和国のムンバイに本社を構える製薬会社です。ここ日本ではインド共和国の薬事情はあまり知られていません。インドのジェネリック事情を知っている人が逆に珍しいくらいです。日本に比べても医学はかなり進んでおりジェネリック大国とネーミングが付く程です。

実際に抗生物質や抗がん剤、抗エイズ薬、インフルエンザ治療、AGA治療薬(薄毛の治療薬)喘息薬や吸入器など、世界的に輸出しており、国外では発展途上国向けHIV患者の為に治療薬を製造しており、その功績や歴史の長さも踏まえ世界的に有名な会社です。

個人輸入代行の通販サイトでジスリンは購入できます。

ジスリンはジスロマックの開発にかかった費用を大幅にカットしてつくられたため、通販サイトで安く購入する事ができます。上記でもお話しましたが、効果、成分、安全性は同等です。薬価見た目違いがあるだけで、安い事にこした事はありません。

しかし、ジスリンを信用していない人もきっといるかと思います。安心して欲しいのは、病院処方で風邪薬として一般に処方されている薬の殆どが今ではジェネリック医薬品となっています。患者にも嬉しいジェネリックが好まれる1番の理由は「薬代金が安い」です。

しかし、ここ日本国内では未だ国が認可していない医薬品です。ジスロマックのジェネリック「ジスリン」は海外ではとっくに認可されている抗生物質です。つまり日本では病院処方以外では手に入れる事ができない薬です。しかし、今は通販サイトを利用する事で一般に購入する事ができます。薬事法に基づき個人輸入の代行サービスを行っているので違法な行為は一切ありません


もくじへ飛ぶ

トップに戻る