menu

ノバモックス(アモキシシリン)500mg

 
ノバモックス500mgの画像

ノバモックスは、梅毒をはじめ様々な細菌性の感染症の症状を改善するサワシリンカプセルのジェネリック医薬品です。ノバモックスのようなアモキシシリン製剤は、梅毒治療における第一選択薬です。1カプセルあたりには、ペニシリン系の抗生物質アモキシシリンが500mg配合されています。

ノバモックス500mgの通販価格
注文数 価格 1包あたり
15錠 2,980円 178円
30錠 3,538円 117円
45錠 4,213円 93円
75錠 5,363円 71円
105錠 6,705円 63円

参考:【公式】ノバモックス500mg(サワシリンジェネリック)|あんしん通販マート

ノバモックスの殺菌効果で梅毒の原因となる細菌を撃退!

ノバモックスは、梅毒の代表的な症状である手足など全身の発症する発疹やびらんの改善に効果的です。梅毒に対するノバモックスの治療効果は、有効成分として配合されたアモキシシリンの殺菌作用によるものです。

梅毒の症状は、ヒトの細胞に感染した梅毒トレポネーマという細菌の増殖に伴って発症します。梅毒トレポネーマは感染細胞の周囲にあるタンパク質を合成しながら増殖を繰り返します。

ノバモックスの有効成分アモキシシリンは、梅毒トレポネーマが細胞壁を作るために欠かせないタンパク質合成を阻害する働きをします。梅毒トリポネーマの数を減少させて症状を治癒するノバモックスの効果は、こうした梅毒トレポネーマの細胞壁に対するアモキシシリンの働きかけによって発揮されます。

ノバモックスの飲み方

梅毒の治療において推奨されているノバモックスの用法用量は、服用1回あたりアモキシシリンとして500mgを1日3回(5~6時間に1回が目安)です。
ノバモックスの服用継続期間は、感染後3週間~3ヶ月であれば2~4週間が基本となります。服用期間は感染からの経過期間によって変化し、3ヶ月~3年であれば4~8週間、3年以上であれば8~12週間です。

ノバモックスを飲み忘れてしまった場合は、なるべく早めのタイミングで服用しましょう。ただし、比較的に次回の服用時間に近い場合は、次回の服用時間まで待ってから1回分の用量を服用しましょう。いずれにしても、飲み忘れたからと言ってノバモックス2回分の用量で一度に服用してはいけません。

ノバモックスの服用開始当初にヤーリッシュ・ヘルクスハイマー反応と呼ばれる発熱がみられる可能性があります。これは、梅毒の病原となる細菌が大量に殺菌されている証拠とも言える症状です。アモキシシリン服用初期にみられる発熱は、多く場合で梅毒トレポネーマの減少に伴って軽快する一時的な症状です。

ノバモックスの主な副作用

ノバモックスのようなアモキシシリン製剤の臨床試験では、代表的な副作用として下記のような症状が確認されています。

  • 下痢
  • 軟便
  • 食欲不振
  • 発疹
  • 悪心
  • 嘔吐

ノバモックスの代表的な副作用は、下痢や軟便、食欲不振、吐き気(嘔吐)といった消化器系の症状です。ノバモックスの副作用に伴う消化器系の副作用は、吸収された有効成分が腸に常在する細菌に働きかけることで発症する一時的な症状です。

ノバモックスの服用開始8日目を超えたあたりから薬疹が発症する場合があります。ノバモックス服用に伴う薬疹は女性に多く見られやすく、仮に発症した場合は医師または薬剤師に服薬を継続するか中断するかの判断を仰ぎましょう。

ノバモックスの注意事項

ノバモックスは、ペニシリン系の抗生物質にアレルギーがある方は原則的に使用が禁じられています。過去にアモキシシリンだけでなく他のペニシリン系抗生物質を使用して過敏症などアレルギー反応に見舞われた方は、医師に相談のうえ他の治療薬の使用を検討しましょう。

ペニシリン系抗生物質が使用できない梅毒患者の治療には、テトラサイクリン系の抗生物質であるミノサイクリンを有効成分として配合した治療薬が使用されます。

ノバモックスの併用注意薬として、抗凝固薬であるワルファリン製剤、トリキュラーやヤーズといった経口避妊薬、尿酸排泄促進薬であるプロベネシド製剤が挙げられます。常用している薬がある場合は、ノバモックスの服用を開始する前に必ず医師に相談しましょう。

ページの先頭にもどる



Copyright © 2019 性病治療薬の通販ナビ All Rights Reserved.