menu

フォルカン(フルコナゾール)50mg

 
フォルカン50mg錠の画像

フォルカン50mgは、1錠あたりに抗真菌薬フルコナゾールを50mg配合したシプラ社製のジフルカンジェネリックです。1回の服用で性器カンジダを完治する先発薬ジフルカンと同等の効果が期待できます。

フォルカン50mgの通販価格
注文数 価格 1錠あたり
20錠 3,880円 194円
40錠 6,402円 160円
60錠 8,788円 146円

参考:【公式】フォルカン50mg|あんしん通販マート

フォルカンを1回服用するだけで性器カンジダを完治!

フォルカンには、性器カンジダの治療に用いられる先発薬ジフルカンと同じ有効成分フルコナゾールが配合されています。フルコナゾールの効果は、カンジダ属の真菌による膣炎や外陰膣炎がみられる患者98人を対象としたジフルカンの臨床試験で実証されています。

フルコナゾールとして150mgを単回服用してから28日目の治癒率は86.1%です。フォルカンを活用すれば、先発薬ジフルカンの臨床試験と同等の治療効果が期待できます。

フォルカンを活用すれば、1回の服用で性器カンジダ症を治療できます。こうした手軽さは、膣錠や外用薬といった従来のカンジダ治療薬にはなかった画期的な特徴です。

フォルカンの効果は、フルコナゾールがエルゴステロールの合成を阻害する働きによるものです。真菌の細胞は、主にエルゴステロールという物質で構成されています。常在菌のバランスが整うことで、おりものの変化や膣内の痒みや痛みは治えることができます。

フルコナゾールは、カンジダ属の真菌による症状だけでなく、クリプトコッカス属の真菌による症状の治療にも有効です。

フォルカンの飲み方

カンジダ症に対してフォルカンを使用する場合、外陰膣カンジダと他のカンジダ症で飲み方が違います。

フォルカンの錠剤は、1錠あたりに含まれた成分量によって3つのタイプ(50mg・150mg・200mg)があります。1回あたりに服用する錠数を減らし飲み間違いなどのリスクを回避するためには、それぞれに適した錠剤を選ぶことが大切です。

外陰膣カンジダ症の治療における服用方法

膣内や外陰部など女性の性器におこるカンジダ性の炎症を鎮める場合、フォルカンを有効成分として150mgを1回だけ服用します。外陰膣カンジダ症の治療では、1錠を服用するだけで済む150mgのタイプが最も効率的といえます。

それ以外のカンジダ症の治療における服用方法

外陰膣カンジダ症以外のカンジダ性の疾患に対しては、フォルカンを有効成分として50~100mgを1日1回服用します。つまり、50mg錠であれば1~2錠を服用することになります。

フォルカンの主な副作用

フォルカンの代表的な副作用として、肝臓による有効成分の代謝に伴うAST(GOT)やALT(GPT)といった検査値の増加が挙げられます。とはいえ、肝臓の検査値上昇はフォルカンのような経口内服薬であれば大半の医薬品全般に見られる副作用であり、用法用量さえ正しく守れば重篤なトラブルにつながる心配はほとんどありません。

そのほかの副作用としては、悪心や食欲不振、下痢、腹部不快感、腹痛といった消化器の症状や、発疹などが挙げられます。

フォルカンの副作用について詳しく

フォルカンの注意事項

フルコナゾールに過敏症がある方はフォルカンを使用できません。過去に他の抗真菌薬を使用してアレルギー症状がみられた方は、事前に医師への相談を行ないましょう。

フォルカンの有効成分は、胎児の成長に影響を及ぼします。したがって、妊婦への使用を避けるべき医薬品に分類されています。妊娠している女性はフォルカンを使用できないため、抗真菌作用がある膣錠や軟膏で治療しましょう。

腸から吸収された成分は母乳に移行する可能性があるため、フォルカンの服用期間中は新生児への授乳は厳禁です。

腎臓障害、肝障害、心疾患または電解質異常のある方は、疾患の症状を悪化させてしまったり、薬剤成分が身体から抜けにくくなってしまうで注意が必要です。使用を検討している場合は、必ず医師に相談の上服用しましょう。

以下に挙げた薬とフォルカンを併用すると相互作用に伴う重大な健康被害のリスクを高めます。

併用禁忌薬
トリアゾラム(ハルシオン等)、エルゴタミン(クリアミン配合錠)、ジヒドロエルゴタミン(ジヒデルゴット等)、キニジン(硫酸キニジン)、ピモジド(オーラップ)

ページの先頭にもどる




Copyright © 2019 性病治療薬の通販ナビ All Rights Reserved.